HOME»新着情報 »北陸電設ニュース »北陸電設ニュースR2年6月号

新着情報

北陸電設ニュースR2年6月号

代表よりひとこと

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言も解除されました。5月19日より新規陽性者もゼロが続いており第一波は収束に向ったように思います。外出規制や3つの密を避ける事により拡散が防げただけで、ウィルスが完全に消滅したわけではありません。自粛解除後に東京都、北九州市では感染者が再び増加し第二波の兆しにも感じます。今後、第二波・第三波はあると思います。感染拡大を防ぐには個々の自覚が一番大事です。自分だけは大丈夫!!自分は関係ない!!ではありません。私もしっかり状況・情報を精査して適切な行動を自分自身に課しています。早く終息することを切に願います。
今年も7月1日から7日まで全国安全週間が始まります。今年度のスローガンは「エイジフレンドリー職場へ!みんなで改善 リスクの低減」です。高年齢労働者が安心して安全に働くことができるよう職場環境を改善していくことが求められています。安全は毎日毎日の積み重ねです。
「今日も一日ゼロ災ヨシで!!」お願いします。

代表取締役社長 藤岡健一

スタッフコラム

変化し続ける毎日

K.Y(H29.6入社)

私は北陸電設に入社して約3年が経ちました。職場でもいろいろな経験をしましたが、プライベートでも様々なことがありました。仕事では今年に入って内線班になり、今までの経験とは違った仕事内容でわからないことが多く、今はまだまだ一人前にはほど遠い状態で仕事をしていると感じています。日々先輩方に教えてもらいながら成長し、早く仕事を任せられる人材になれるよう頑張りたいと思います。

プライベートでは去年の9月ごろからは実家で暮らすようになり、休みの日には料理をすることが多く、どうしたら美味しくできるか調べたり、自分でアレンジしたりと楽しんでいます。夕ご飯を作ることが多いのですがスイーツにも興味があるので作ってみたいと思っています。実家に戻ったからなのか何が原因か自分でわかっていませんが1年で10㎏も太りました...。10㎏も太ると体も重く感じ、仕事においても支障が出てくるので今は家に帰ってから筋トレをしています。まだ効果は実感出来ていませんが今後も続けていきたいと思います。

話は変わりますが今年の4月から町内会長を務めています。私は昔からリーダーのような、全体をまとめたり、先頭に立って何かをやった経験がなく、どうすればいいか不安やうまく出来るか心配でした。そんな中、会合に参加したり、配布物やお知らせの作成をしていき、少しずつですが町内の方達とコミュニケーションも取れて、不慣れな中なんとかこなしています。町内会長を務めるなかで、公園の草むしりの段取りや、納涼祭、準備運動会など、色々な行事があり、ただ参加していただけとは違う大変さがあると思いました。特に今年は今までとは違い、コロナウイルスの流行で3密を避けるよう考える必要があり、大変な年に町内会長になってしまったなという思いはありますが、なんとか問題なくやり切れるよう頑張りたいと思っています。

今年に入り、仕事もプライベートも経験や知識があるのと無いので自分の感じる達成感や周りからの信頼度が全然違うことを実感させられました。これからは気持ちを新たに仕事においてもプライベートにおいても、沢山の経験や知識を蓄えていき、頼られる存在になれるよう努力していきたいと思います。

1年、これまでとこれから

Y.Y(H31.4入社)

4月21日に北陸電設に入札して丸一年が経ちました。去年の年始の時点では車椅子生活で歩くことも出来ず、仕事もしていなかったことを考えると一年間はとても早く感じています。私は中途採用で今までに電気業界での仕事経験もなく、思った以上に大変な毎日でした。この一年は足首の骨折の影響も大きく残っており、また自分の物覚えの悪さもあって皆様にはたくさん迷惑をかけてしまったと反省しております。知識・現場での対応力・積極性全てがまだまだ足りていないと身にしみて感じました。入院・通院も完了し、心機一転、頑張っていきます。

1月24日、祖父が他界しました。年末まで元気に一人暮らしをしておりましたが検査入院後はみるみるうちに弱っていき、最後の一週間はほぼ意識もない状態でした。それでも昨今の状況を考えますと家族に看取られて通夜で大勢の人々に見送って頂けて、祖父も幸せだったかと思います。
新型コロナウイルスの蔓延で私たちの生活も大きく様変わりしました。経済活動の多くに影響があり、今後世界的な不況に見舞われることと思われます。私自身、不要不急の外出を避けて家にいる時間が長くなりました。私は3月から計装の仕事に携わっておりますが幸いにも現状仕事がそこまで減ることはなく、7月以降にはかなり忙しくなると聞いております。

電気は日常生活には必要不可欠な存在です。普段意識することは少ないかもしれませんが、このような状況だからこそ電気のもたらす光は人々に安心を与えます。電気に関わる仕事の一端を担えていることに誇りを持って日々の仕事をしていきたいと思います。

Y.T(H31.1入社)

昨年1月に入社させてもらい早1年数ヶ月が経ちました。少しずつ周囲の環境にも慣れてきました。入社したキッカケはある1人の男との縁でした。一度は切れかかっていた縁でしたが再び繋がり入社となりました。1人との縁で沢山の人との縁や社縁が出来た事は面白く不思議なものだとつくづく思いました。

縁とは運命的な結びつき、関係を感じさせるさま、あるいは関係を持つ何らかのキッカケがあるさまを意味する表現と解説されていて、目に見えず不思議なものだと感じます。
何十年も前になりますが働き始めた頃、上司や先輩に感謝する事の大切さを嫌と言うほど教えられました。当時は軽く流していましたが色々な経験をしていく中で出会いやキッカケも1人ではおこらず、人や物事と縁があって関わっているので大事にしないといけないのだよと教えられたことに気付くことができ、感謝の気持ちを持って出会いやキッカケを大事にすることが縁を大事にすることなのだと自分自身の解釈なのですが思うようになりました。まだまだ実行できていませんが...。

頭では分かっていてもなかなか素直になれなかったり、想像力の欠如・価値観の違いと自分勝手に決めつけて縁を粗末にしてしまいそうなときは失敗したり後悔したりと結果がよくないことが多いと思います。

いい歳になりましたがもっと縁を大事にしていける人に近づいていきたいです。 ~ 感 謝 ~

今月のトピックス

業務(受注・竣工等)

  • 大長谷第二発電所 菅沼ダム線2~12号柱電線更新工事を受注
  • 仁歩発電所 電力量計更新付帯工事を受注

その他

_jsE950.jpg

  • Aさんご夫妻が入籍されました(令和2年5月12日)
  • コロナウィルス対策として社員全員に布マスクを2枚ずつ支給しました。
  • エコファクトリーさんから頂いた除菌スプレーを使用して社内を消毒したり持ち出し用除菌ジェルや使い捨てマスクを準備しました。

CIMG2086-thumb.jpg CIMG2067-thumb.jpg CIMG2085-thumb.jpg

【定年退職】平成5年2月18日入社 令和2年4月20日退職

4月20日付で、定年退職することになりました。

私は北陸電設に入社してから27年になりました。中途採用で入社し、内線班に配属(当時は内線班のみ)されました。先輩社員や、協力業者の方々にたくさんお世話になり、その後電装班に転属となり現在に至ります。

今まで大変お世話になりました。
ありがとうございました。

今後の皆様の健康と、益々のご活躍をお祈りして退職の挨拶といたします。

CIMG2019.jpg

〜〜〜社員一同より〜〜〜

長年お仕事を無事勤めあげられましたことをお祝い申し上げます。長きにわたり、北陸電設にご尽力いただき 大変お疲れ様でございました。いつも絶えず、温かいご指導を賜りましたこと、感謝申し上げます。

pagetop